興奮してもペニスが勃たない時はどうすれば良い?これってEDなの?

私は高校時代から付き合った女性と結婚しました。一番性欲が盛んな頃、ある意味で体も元気な頃からお互いを知っているため、少しずつ衰えてくる姿を相手に晒すのが辛く悩ましかったです。私の感覚では、男性の方が性欲が衰えるのが早いです。女性は30代の後半~40代の前半に性欲のピークを迎えると言われています。しかし円満な夫婦生活を送るには、充実したナイトライフが必要であると考え、私は悩む前に行動することを気ました。具体的には、自慰行為を習慣にしたのです。

男性ホルモンを増やし、性生活を豊かにする

私は自らの男性機能の低下の原因を調べてみました。調べるうちに、定期的な自慰行為は男性機能の維持に効果的であることがわかりました。さらに前立腺の健康にも良いらしいです。しかし、思春期の男子ではありませんから、がむしゃらに自慰行為をする気にもなりません。各種映像作品などを利用して性欲を高めました。また、近所のレンタルビデオショップでAV作品を借りるのも近所の目あるため憚られますが、最近は便利な世の中。スマホで色々な映像を見る事が出来ました。変なDVDを家の中で見つかるリスクもなく最高でした。そのようにして、ほぼ毎日自慰をすることで、男性ホルモンが増加したのか、性欲も湧き、男性機能も高まってきました。映像で見た状況を妻との行為に重ね合わせて脳をフル回転させたのも良かったのだと思います。また性行為が持つエンターテイメント性に気が付く事が出来たのも収穫でした。妻との行為も楽しんで出来るようになったため、性行為に対する心理的ハードルもかなり下がって心が楽になりました。

性行為がチームプレーであることに気が付いたことで改善出来た

やはり、決定的だったのは「非日常」を楽しもうと決めたことです。それまでの味気ない性行為を改善しようと、AVからヒントを得ました。場所を変えてみたり、衣装を変えてみたり、またはこれまではすることが無かった朝などの時間帯にあえて始めたりもしました。やはり「非日常」は脳も心も興奮させるのか、それまでのように、盛り上がりにかけ、結果的にいざという時にムスコが役に立たないという事態も改善されました。思がけない収穫だったのは、私が積極的になるにしたがって、妻も積極的に変わっていたことです。言うまでもなく性行為がチームプレーです。どちらかが盛り上がっても、どちらかがしらけていては盛り上がりません。最終的には、妻と一緒にAVを楽しむようになりました。

1人で悩まないで、お互いに盛り上がる方法を考える

特に男性は、男性機能の衰えを隠したがります。いつまでも若々しくいたと願うのは自然なことですが、それは不可能です。出来ない事を出来ないと受け入れて、変なプライドを捨てて改善方法を探す事が何より大切であると思います。私の場合は、まずは性的に興奮することが少なくなってきた自分を受け入れて、興奮する方法を探しました。今は情報化社会です。スマホで少し検索をすると、同じような悩みを持った人もたくさんいることが分かりました。見えない仲間がいることを知ったことで、いい意味で開き直ることが出来ました。そして、スマホから得る事が出来る多くの映像、情報を活かしました。家に居ながらにして、例えばAVすら見る事が出来るのは私が若いころからすると劇的な進歩です。多くの情報と、機器を活用して、自分の「出来ない」と改善する方法を探して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です