新婚の時から性生活がなくなってしまった

現在結婚をして10年が経ちますが、新婚当初からの性の悩みを抱えていました。夫が淡泊なので、できるだけ性欲を高める食材やサプリメントを取り入れるように心がけたり、結婚をしてもいつまでもこちらを女性として見てもらえるようにメイクやおしゃれに手を抜かないように気を付けたりもしました。そのほか、寝室を中心にいつも良い香りがするように芳香剤にこだわったり寝具もあたたかみのある色を選んで使うようにして悩みを解決しようと思いました。

結婚をしても恋人気分が続くようにしたこと

交際を経て結婚をして夫婦となると、いつしか恥じらいや遠慮がなくなっていき性欲が湧かなくなります。性的なことに元々積極的なら問題はないかもしれませんが、夫は性的に淡泊なので家庭内では興奮と言うよりも安心を感じやすいようで新婚当初から性生活がなく、自分は悩んでいました。悩みを解消するため、夫が喜ぶような服装をするように心がけたり結婚前に恋人同士でいた時のようにメイクも手抜きをしないようにしたり、何か言いたいことがあっても全てを一度に言いきらず相手を常に思いやるような気持ちで、夫婦であってもなれ合いになりすぎないようにするなど性的なこと以外にも注意するようにしたら、徐々に性生活が増えることになりだんだんと悩みは解決されていきました。

相手を思いやることで性の悩みが改善

恋人同士で会っても夫婦であっても、相手への思いやりは付き合いが長くなるにつれてなくなるわけではなくても、薄れていくものだと思います。夫婦になった場合、常に一緒にいるので外見も内面も相手へ見せすぎてマンネリとなり、夫が元々性的に淡泊ということもありますが性生活の減少につながりました。夫への思いやりを持ち、夫の立場で物事を考えるように心がけたり清掃や型付けなどを含め家庭内の雰囲気を良くするように気を付けることで、思いやりが夫に伝わったようで徐々に性生活が増えていき改善しました。本などには肌の露出をすることが大切など書かれていますが、外見だけにこだわるより相手の気持ちに意識を向け心に寄り添ったり相手の立場を考えて行動することにより悩みは改善されていったと思っています。

相手の立場を考え、相手を思いやる心を持つこと

パートナーとの性生活が減ったりなくなってしまうと、特に女性は不安になったり卑屈になってしまいがちです。自分の不満を伝えたくなっても、できるだけ相手の気持ちを考えたり思いやることで悩みは改善しやすくなると思います。性生活が少なく悩んだとしても、感情任せにそれを相手に言うのではなく相手を気遣う言葉に変えながら自分の思いを少しずつ伝えていくことが効果的です。そのほか、家庭内は常に整理整頓をしたりきれいな状態にしておくことも必須です。時に雰囲気を変えるために、シーツやカーテンなどを暖色系にしてみるのも性的に興奮をしやすくなるのでおすすめですが性のこの悩みで解決のために何より大切なのは、相手を思いやる心を持つことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です