愛されすぎているが故、毎日に及ぶ性行為

同棲を開始してから8カ月間ほとんど毎日のように性行為があります。私も彼もまだまだ若いので最初のころは楽しんでいたのですが、女性特有の周期だったり、単純に仕事などで疲れている日も相手をしなければなりません。優しく断っていますが、ちょっとだけでもと説得されてしまうことが悩みの種です。もちろん本当に性行為がつらい日はしっかり断るようにしていますが、何故か彼氏に悪いことをしてしまった気分になり、罪悪感でいっぱいになることが悩みです。改善策としては自分の考え方を改める事です。断ることは別に悪いことではないし、嫌なのに手を出してくる彼氏の方だって多少の非はあると考えるようにしています。

彼氏と話し合い二人で解決すること

言いだしにくいことではありますが、彼氏としっかり話し合うことが一番だと思います。性行為はカップルにとってとても大切でデリケートな問題なので、どちらかが1人で抱え込んでしまうと、そのうち爆発してしまったり、してもいない浮気を疑われたりしてしまう可能性もあるため、誤解が生まれないようにするためにもしっかりと二人で話し合って改善するべき話題だと思います。ただ断るのではなく、多めにハグをしたり、いつもよりも深い話をしてみたりと別の方法で仲を深める方法を考えるべきだと思います。性行為がないと愛情が冷めてしまっただの、欲が出ないのは相手に魅力を感じない等、男友達との飲み会の場などでよく聞いていたため、彼氏に同じ思いをさせてしまってはいけないと思い、話し合いました。

二人で改善策を見つけたことです

とても切り出しにくい内容でしたが、私の場合は彼氏がとても優しく私の些細な変化にも気が付くタイプの人なので、その性質を利用させてもらいました。いきなり正直に話す勇気がなかったので、前日の性行為の際に少し嫌がるそぶりや、いつもよりも冷静に、心から楽しめていないということが伝わるように、わざと態度に出しました。普段からあまり機嫌が悪くなったり、怒ったりしないためか、すぐに気が付いてくれて、話し合いがスムーズになりました。内容は、性行為が嫌なわけでも、彼氏のことが好きではなくなったわけでもなく、単純に性行為を毎日する体力がもうなくなっていると伝えました。そのうえで二人で改善策を考えようと伝えました。1回1回を大切にしたいからこそ毎日するのは控えて、時間がある時や元気な日に楽しもうという方向で改善することができました。

一人の考えを押し付けるのではなく二人で話し合うこと

きれいごとだと感じる方もいるかもしれませんが、やはりしっかりと話し合うことが一番良い方法だと思います。性生活に関してはものすごくデリケートな悩みであり、他者に相談したところで何も解決できない話題だと思います。あまり人に公に話せる話題でもありませんし、二人でしっかりと話し合って解決してください。その際に相手を傷つけない言い回しや、表情などを意識することを忘れずに、とても疲れるし頭を使うので嫌になってしまうかもしれませんが、今解決しなければいつか爆発する日が来てしまうと思います。話を切り出せなかったせいで彼氏に浮気されたり、自分が中途半端に浮気してしまったり、純粋に彼氏を愛せなくなっては嫌なので、言うしかないと覚悟を決めて切り出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です